航空券予約の時に役に立つ?スカイマークと春秋航空

投稿者:

空港と旅客機

航空券予約の際に、役に立つ情報をお届けするこのホームページ。

前回はLCCのジェットスターとピーチについてご紹介いたしました。

今回は、二大航空会社とLCCの中間と言われている航空会社をご紹介いたします。

それがスカイマークです。

スカイマーク

先ほども書いたように、スカイマークはLCCでありながら、LCCではない会社とも言われており、二大航空会社とLCCの間のような特徴を持っています。

というのも、サービス内容はどちらかというとLCCに近いものがあるのですが、スカイマークの会社がスカイマークはLCCではないと発言しているためです。

では、スカイマークと二大航空会社の違いを見ていきましょう。

スカイマークの料金はLCC寄りで、かなりお安くなっています。
二大航空会社の料金と比較してみた場合、いくら割引を適用しようとも、スカイマークほどの安さにはなりません。

次にサービス面を見ていきましょう。
スカイマークは飲み物・食べ物が共に有料となっています。

逆に二大航空会社の場合、飲み物は無料となっています。
ちなみに食べ物は、二大航空会社・LCCともに国際線の場合は有料になります。

そして、荷物の預かりですが、スカイマークは15kgまでとなっています。
これはLCCにしては重めですので、手荷物が多くなりそうなときは利用してみるといいかもしれませんね。

春秋航空

春秋航空は中国の航空会社ですが、日本の国内線を多く飛んでいるLCCです。
読み方は「しゅんじゅこうくう」ですが、スプリングエアラインや、スプリングジャパンとも呼ばれています。

LCCの中でも特に安い料金が特徴で、片道5000円を切ることも珍しくありません。
ただ、その代りサービスは最低限で、機内に持ち込める荷物の重さも5kgと、少なめになっています。